2015年08月15日

長寿案のもやしそばを勝手にもやしキムチそばに

150514_133255_ed.jpg

 東京・保谷駅近くの蕎麦屋「長寿庵」の名物は水曜日のもやしそばだと勝手に思っている。
 もやしそばと言っても蕎麦ではなく中華そば、すなわちラーメンだ。
 火曜日が休みのため、水曜日はだし汁がリセットされ澄んだ味になっている。 月曜日の雑味のあるスープこそ美味いというお客さんもいるけどな。
 麺は軟らかくコシがいまいちなので麺硬めで頼むのがよい。店の奥にある厨房から、「茹で時間短いとおなかに悪いよ」と呟く声が聞こえたり聞こえなかったり。
 ちなみに麺は大盛だ。このご時世だけど、うちも頑張って安くしますからたくさん食べてもらうように頑張ってくださいって言う出入りの粉屋さんとのタイアップだそうだ。
 もやしそばの美味しさの秘密はあんかけにある。
ゆるい薄いあんなんだけど、スープの味をよく引き出すんだ。同じスープを使い50円安い同店の中華そばより格段に美味い。
 今日は、サービスで出してくれたキムチをのせて勝手にキムチそばに。
これまた美味しい。
posted by カノッチ at 00:00| Comment(0) | 庶民的グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


▼美味しそうだったらポチ! blogram投票ボタン