2015年06月14日

幸楽苑300円中華そばが無くとも一番館290円かけラーメンがあるさ!

150519_134837_ed.jpg

幸楽苑の中華そばが姿を消したのはとても残念。
一番の魅力は300円という安さにあったことは間違いないが、多いときは週に4回も食べに通ったのは、飽きの来ない美味しさというもうひとつの魅力があったからだ。
懐具合がもうちょっと良かったとしても、一つ上のグレードの旨み醤油らーめん398円をそれほど頻繁に食べる気になるかと言えばノーだ。味かやや濃くなるだけに飽きも来る。
しかし幸楽苑の中華そばがなくなったことをいつまで悔やんでいても仕方ない。我々にはまだ中華食堂一番館のかけラーメンがあるさ。
正直言って幸楽苑の中華そばには美味しさで負けるが290円という安さ、そして具が乗っているのにかけラーメンを名乗る奥ゆかしさが嬉しいではないか。
これからは今まで以上に贔屓にするぞよ。
posted by カノッチ at 14:55| Comment(0) | 庶民的グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


▼美味しそうだったらポチ! blogram投票ボタン